GOOD DESIGN AWARD 2019

「Famiglia Domani」

「家の中の外空間」明日の我が家

この家は日本の多機能空間「土間」を見直し、高齢介護のバリアフリーを含めた多様化する家族対応や、 コロナ禍で求められる家の役割を、
新しい土間活用で見出したDomani(明日)の家提案です。

路地の様に家中の外空間が通ることで住まい手が、1部屋に留まらず自由にを出入りしやすい空間。外部からの段差がなく、家の中と外の活動両方共行える空間として活用できます。
人との距離感を求められる時代、家の外空間は距離感を自ら調整でき、コロナ禍でニーズの高い家中の運動、遊び、バーベキューなど外部で行っていた活動を家中へ取り入れやすいです。

介護、仕事スペース、趣味、書斎空間。土間と連動しながら、付かず 離れず利用できるフレキシブルな離れをデザイン。

  • 写真03
  • 写真01
  • 写真04
  • 写真02
  • 写真05

審査委員の方の公開コメント

菜園に続く土間と、街路につながる土間では使われ方が異なるように、土間はその外部にあるものに応じて機能が自在に変化するものである。土間が通常の間取りには収まりきらない多様化した暮らし方の受け皿になるという設計の狙いに加えて、外部環境と住まいを連結する空間要素であることを追求することで、立地環境との馴染みや、街区の活性化にもつながりうる広がりを持った提案である。

戻る