GOOD DESIGN AWARD 2017

「ピロティの家

日常が非日常になる、
ピロティのある暮らし。

建物イメージ

ピロティは外とつながる半屋外空間。アウトドアダイニングとして活用すれば四季の彩を楽しめる贅沢な食卓になります。また、高齢者や共働き夫婦の利用の増加が見込まれる様々な出張サービス(ケアサービスや、買い物・料理代行サービスなど)を受ける際、ピロティは、安心で便利なサポート空間として活用できます。

構造:ロイヤルSSS構法

  • 写真01
  • 写真02
  • 写真03
  • 写真04
  • 写真05
  • 写真06
  • 写真07

審査委員の方の公開コメント

ピロティという半屋外空間を住宅に付加することで、新たな住まい方を提案しようという試みが評価できる。ピロティに対して室内が十分に開かれるための構造上の工夫もされており、十分活用できる場となっているのではないかと思う。 今後、このピロティが単に住宅の延長としてのみならず、まちとの関係において、近隣とのコミュニティを育むきっかけとなる場へと活用されていくことを期待する。

戻る