COMUNI
頭のよい子が育つ家

頭のよい子が育つ家」は、実は「家族のコミュニケーションがとれる家」でした。

 
    頭のよい子が育つ家 HOME
頭のよい子が育つ家とは?
頭のよい子が育つ間取り
教えて! 四十万先生
頭のよい子が育つ家 関連書籍
頭のよい子が育つ家の会
メディア掲載情報
お問い合わせ

「頭のよい子が育つ家の会」加盟店募集中!
「頭のよい子が育つ家の会」お問い合わせ
  HOME > 頭のよい子が育つ家の会 > 家族のコミュニケーションがとれる家
頭のよい子が
育つ家とは?
家族のコミュニケーションがとれる家
頭のよい子が育つ家
「頭のよい子が育つ家」と聞いて、どんな家をイメージしますか?

あらゆる書物を備えた図書館のような家?
最新のIT機器が整った超情報化住宅?
それとも、勉強に没頭できる研究室のような子ども部屋のある家?

いいえ、違います。
正解は、「家族のコミュニケーションがとれる家」

子どものことを考えて、「二階の日当たりのよい部屋は子ども部屋に」と言う方がいますが、どんなに快適な子ども部屋を与えても、孤立した空間では「頭のよい子」は育たないのです。

首都圏の有名私立中学校に合格したお子さんが住んでいた家(生活空間)を数百例調査・研究した結果、「勉強は子ども部屋で」という固定概念にとらわれず、そこで生活する子どもたちがのびのびと学習できて、家族間の交流がスムーズにはかれる空間構成が主流であることが判明しました。

では、なぜそういった子どもたちが有名私立中学校に合格しているのでしょうか?
▲ページトップへ戻る
NEXT: コミュニケーション能力と有名私立中学校入試
   
  HOME頭のよい子が育つ家とは?頭のよい子が育つ間取り教えて! 四十万先生頭のよい子が育つ家 関連書籍頭のよい子が育つ家の会
メディア掲載情報加盟店募集プライバシーポリシーサイトご利用案内お問い合わせサイトマップ
 
   
頭のよい子が育つ家の会